本ページはプロモーションが含まれています

【ヤマダ電機】エアコンの引き取り処分方法や料金など徹底解説

暑い夏や寒い冬にはエアコンの使用頻度も増えますよね。

そんなエアコンを買い替えた場合などヤマダ電機で引き取り処分できるのでしょうか?

ここではヤマダ電機のエアコン引き取り処分について詳しく解説いたします。

猫博士

今日はヤマダ電機のエアコン引き取り処分について詳しく調べたぞ

猫学生

博士、うちのエアコンも買い替えしたいんですよ。ヤマダ電機がお得ですか?

目次

ヤマダ電機のエアコン引き取り処分方法

ヤマダ電機ではエアコンの引き取り処分が可能です。

エアコンは家電リサイクル法のエアコンとして処分されますから粗大ごみとして処分することはできません。
ヤマダ電機では家電リサイクル法に基づいて窓用エアコンの処分が可能です。

エアコンの引き取り方法は次のようになっています。

エアコン処分方法処分料金(税別)
①店舗に持ち込み処分:処分のみまたはエアコン購入時リサイクル料金+収集運搬料 2,500円
②新品商品配送時に回収:ヤマダウェブコムでの購入リサイクル料金+収集運搬料 2,500円
③回収のみの訪問リサイクル料金+収集運搬料 2,500円+訪問料2,750円
小型家電回収ボックス不可

エアコンは家電リサイクル法対象なのでヤマダ電機の不要家電引き取りサービスでは引き取りができません。
不要家電引き取りサービスは小型家電を対象としており、エアコンは対象ではありません。

①店舗に持ち込み

最寄りのヤマダ電機店頭に回収対象品を持ち込むことで回収してもらえます。

店頭で「リサイクル料金」+「収集運搬費」の支払いを行います。

店舗持ち込みの場合は事前連絡なしで持ち込んでも対応できなくはないのですが、店舗状況によっては対応を断られてしまう場合もあるため持ち込みを決めたら事前に店舗への電話連絡などで持ち込みの確認を行うことをお勧めいたします。

②新品商品配送時に回収

ヤマダ電機で新商品を購入した場合には、新商品配送時に回収対象のエアコンを回収してもらえます。

店頭もしくはヤマダウェブコムでの新商品購入時に申し込みを行います。原則新商品配送日と同日に回収対象品が回収されます。別日や別の場所からの回収を希望する場合は別途料金(2,750円)が必要なためコールセンターや店頭での相談が必要です。

⇒【ヤマダウェブコム】リサイクル回収申し込み方法はこちら

③回収のみの訪問

エアコンは回収のみの訪問も可能です。

回収のみの訪問の場合、「リサイクル料金」+「収集運搬費」に加えて別途2,750円税込の追加料金が必要ですから注意してください。

回収のみの依頼を行う場合は、店舗への依頼の場合は店頭で直接もしくは電話での依頼を行います。
ヤマダウェブコムの場合、配送日時と別日など回収のみの訪問を依頼する場合はコールセンターへの問い合わせが必要です。

回収時は原則玄関先での回収ですが、店舗に確認したところ宅内の部屋などにある場合1階であれば対応するがそれ以外の場合は別途費用が必要な場合があるとのことです。

ヤマダ電機のエアコン家電リサイクル料金表:処分費用は?

ヤマダ電機でエアコンの処分を依頼した場合、リサイクル料金などどのような費用が必要なのかなどをご案内いたします。

ヤマダ電機ではエアコンの引き取り処分を依頼する場合、買い替えなどの場合は収集運搬費とリサイクル料金が必要です。ヤマダ電機のエアコンの処分引き取りは家電リサイクル法に基づいて行われています。

また、買い替えなどではなく不用エアコンのリサイクルのみの場合は収集運搬費とリサイクル料金に加えて訪問回収費(2,750円)も必要になります。

また、ヤマダ電機では小型家電に分類されるもののなかで携帯電話、スマートフォン、パソコンなどは無料で回収しています。

エアコンの処分費用

ヤマダ電機でのエアコンの引き取り処分費用についてご紹介いたします。

ヤマダ電機ではエアコン買い替えの際にはリサイクル料金と収取運搬費が必要です。収集運搬費は一律2,500円(税込)ですが、リサイクル料金は製造メーカーによって異なります。

製造メーカーはいくつかのグループ分けがなされていて料金が異なっていますから、処分したいエアコンの製造メーカーの確認が必要です。

具体的には次のようなグループごとのリサイクル料金設定となっています。A,Bグループなどグループの内訳メーカーは以下のリンクからご確認いただけます。

⇒エアコンの回収グループページはこちら

グループ/法人名リサイクル料金収集運搬費合計
A,Bグループ990円2,500円3,490円
指定法人(エスケイジャパン、ハイセンスジャパン、山善、ノジマ、フィフティ、アイリスオーマ、ナヴィック、ニトリなど)2,000円2,500円4,500円
ヤマダ電機製品1,265円2,500円3,765円
ヤンマーエネルギー9,900円2,500円12,400円

エアコンの買い替えではなく引き取りのみの場合は収集運搬費、リサイクル料金に加えて訪問回収費(2,750円)が必要です。引き取りのみより買い替えのほうが訪問回収費が不要な分安い価格設定となっています。

エアコンをヤマダ電機店頭に持ち込んだ場合はリサイクル料金と収集運搬費を支払って回収してもらうことができます。

ヤマダ電機で引き取り回収ができないエアコンはある?

ヤマダ電機で処分できないエアコンは存在します。

ヤマダ電機に確認したところ次のようなエアコンは引き取りができないということです。

、沖縄・離島店舗においては家電リサイクル法対象外である次のエアコンを回収することができません。

これは沖縄・離島の店舗が家電リサイクル法の対象外であるこれらエアコンを回収できる不要家電の回収などに対応していないためです。

またエアコンもしくは空調に類するものとしては冷風扇、除湿器、スポットエアコン、ウィンドファンなども沖縄および離島の店舗では回収できません。

  • 天井埋め込みカセット形のエアコン
  • 壁埋め込み形のエアコン
  • 天吊り形
  • セパレート形
  • パッケージエアコン等

ヤマダ電機では壊れたエアコンの処分についても、持ち込みの場合でも無料回収ではありません。
持ち込みで処分する場合、壊れていても収集運搬費とリサイクル料金が必要です。

ヤマダ電機の家電引き取りの持ち込みは全店舗できる?

ヤマダ電機の家電引き取りの持ち込みは沖縄県の店舗以外の全店で可能です。

残念ながら沖縄県の店舗では家電引き取りの受付を行っていません。

ヤマダ電機でお得な処分方法は?

ヤマダ電機でお得に家電類を処分する方法はあるのでしょうか?

下取りや買取などが思い浮かびますよね。

ここではヤマダ電機でお得に家電を処分できるかについてご紹介いたします。

ヤマダ電機ではエアコンの下取りができる?

ヤマダ電機では所定の条件を満たす場合のみエアコンの下取りを行っています。

ヤマダ電機のエアコンの下取り条件はヤマダ電機指定の新しいエアコンを購入することです。指定商品のエアコンを購入する買い替えの場合のみ下取が行われ割引料金に充てられます。

下取り対象のエアコンは2014年以降製造の商品で、下取り時には身分証明書が必要です。

ヤマダ電機のエアコンの下取りは持ち込みでも対応可能です。

下取り金額については機種によって異なるので店頭での確認が必要です。キャンペーンなどで買い取り金額がアップしている場合もあるので最寄りのヤマダ電機に問い合わせることをお勧めいたします。

⇒【ヤマダ電機】良品買取のページはこちら

ヤマダ電機でエアコン買い替え下取りなどキャンペーンは開催している?

ヤマダ電機では不定期でエアコンなどの家電下取りキャンペーンである下取り祭りを開催することがあります。

キャンペーンによっては店頭でのみの紹介であったり、地域の広告で案内されることもあります。不定期開催ではありますが、条件はヤマダ電機指定の新商品を購入する場合のみ下取りが行われるという条件は一定しています。

下取りできる店舗は?

ヤマダ電機の下取り対応については、下取り祭りなどのキャンペーン実施店舗であれば対応可能です。

全店舗ではないキャンペーンも存在するので注意が必要です。

ヤマダ電機以外でエアコンの処分方法は?

ヤマダ電機以外でエアコンを処分するにはどうしたらいいでしょうか?

ここではヤマダ電機以外でエアコンを処分する方法について詳しく解説いたします。

不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者に依頼する方法があります。

地域の不用品回収を行っている業者にエアコンの回収処分を依頼することが可能ですが、不用品回収業者の場合口コミなどの評判の良くない業者に気を付ける必要があります。

回収業者の場合はそのほかの不用品と一括で引き取ってくれるので不用品が多くあるときはおすすめです。

不用品回収業者を利用する場合は以下のようなメリットとデメリットを考慮しておくことも重要です。

メリット

不用品回収業者の場合、電話一本で出張回収など行ってくれる場合が多くエアコンだけでなくそのほかの不用品も一括で回収が可能です。ヤマダ電機が回収できない天井埋め込み型などのエアコンも回収できる可能性が非常に高いです。

デメリット

エアコンの処分だけの場合は高額な処分費用になってしまうなどの問題があります。また違法な処理をしている不用品回収業者もあり、見極める力が必要です。

自分で処分する方法

自治体でエアコンをごみとして処分する方法は、リサイクル料金を支払った後に指定の処分場までエアコンを持ち込むことになります。

リサイクル料金の支払いは郵便局に用意されている「一般財団法人 家電リサイクル券センター」の振込用紙を使用します。
自治体ごとの細かな情報や処分場(リサイクルセンター)の場所などの詳細は一般財団法人 家電リサイクル券センターのホームページから確認可能です。

⇒【一般財団法人家電製品協会】のページはこちら

⇒【家電リサイクル券センター】家電リサイクル料金一覧表2023はこちら

フリマサイトやショップなど売って処分する方法

メルカリやジモティなどのフリマサイトでの個人売却も可能です。

こういった個人間取引の場合はトラブルが発生しやすいので注意が必要です。
またエアコンの取り付けや取り外しなどは専門的な工事が必要なので、取り外しなどの工事は専門業者に依頼するようにしましょう。

フリマサイトではないエアコンなどを買い取る業者もありますから壊れていないエアコンであれば買取業者への売却もお勧めです。
エアコンを買い取り業者に売却する場合に条件の良い業者についてご紹介いたします。

-高く売れるドットコム
全国最大級の買取店をうたうお店です。
宅配買取のほかに出張買取も可能です。申込時の電話でリアルタイムデータに基づいた事前査定が可能なのもうれしいところですね。

⇒【高く売れるドットコム】エアコンの買取ページはこちら

目次