MENU
本ページはプロモーションが含まれています

【ヤマダ電機】防犯カメラの設置はできる?費用は?


防犯カメラの設置について知りたい方必見!ヤマダ電機での設置についてご紹介します。費用や設置方法についても解説しますので、安心してご覧ください。防犯対策に興味のある方は必見です!

猫博士

ヤマダ電機で防犯カメラは設置できるのか調べてみたぞ!

猫学生

さすが博士!教えてください!

関連記事

⇒【防犯カメラ設置費用】自宅玄関につける場合はいくら?についてはこちら

目次

ヤマダ電機の防犯カメラ設置費用について

ヤマダ電機が提供する防犯カメラの設置費用について、知りたい方も多いのではないでしょうか。今回は、ヤマダ電機の防犯カメラの設置費用について、ご紹介します。

ヤマダ電機で販売している防犯カメラの種類や特徴

ヤマダ電機には、利用者のニーズに適した様々な防犯カメラが揃っています。これらは大きく屋内用と屋外用の2つに分類され、屋内用は主に家族やペットの様子を見るためのもの。一方、屋外用は特に空き巣や覗き行為などに対する高い防犯効果があります。

市場には多くの店舗が防犯カメラを取り扱っていますが、それら全ての店舗が専門の知識を持っているわけではありません。ヤマダ電機でも防犯カメラの知識を持っている方はいるかと思いますが、専門家レベルでの知識やアドバイスを提供できるかは疑問が残ります。

また、ダミーカメラも選択肢としてありますが、これは見た目のみの模造品であり、実際の監視機能は無いため、コストは抑えられますが本格的な防犯対策としては不足します。安全を確実に確保するためには、機能する防犯カメラの設置が重要です。

結論として、信頼と専門性を重視するならば、ヤマダ電機での防犯カメラの購入や設置もおすすめですが、防犯カメラ専門店での購入も検討してみてはどうでしょうか。

⇒【ヤマダ電機公式】防犯カメラ商品はこちら

ヤマダ電機の防犯カメラ設置費用

ヤマダ電機では、カメラの購入だけでなく、設置や施工も一緒に依頼できます。コストを抑えるためには、複数の業者から見積もりを取得し、ランニングコストとしての電気代やインターネット料金も考慮に入れる必要があります。

ヤマダ電機の防犯カメラ設置費用は、店舗によって異なりますが、設置の基本料金は10,000円(税別)~になります。
基本料金は防犯カメラ、モニターの設置のみになります。

設置依頼をする場合はコンセント式の防犯カメラになるかと思いますが、防犯カメラを設置したい場所にコンセントがない場合は、コンセントの増設工事や延長、壁の穴あけなどが発生し状況によって大幅に料金があがります。

購入には防犯カメラの設置場所や設置台数を伝えたうえで見積もりを行うことをおすすめします。

項目詳細
設置費用基本料金10,000円(税別)から(店舗によって異なる可能性大)
基本料金の内容防犯カメラ、モニターの設置のみ
別途費用設置場所によって工事料金が必要
注意事項別途費用を避けるため、設置場所や設置台数を伝えたうえで見積もりを行う

公式には掲載されていませんので、お近くにヤマダ電機にご相談ください。

⇒【ヤマダ電機公式】店舗検索はこちら

防犯カメラの設置費用相場

家庭用防犯カメラの設置には、ヤマダ電機を含む多くの業者がサービスを提供しています。一軒家の場合、設置費用は平均で約15万円程度とされていますが、これは本体代金+工事費や配線費、設置場所の違いによって変動します

外部の防犯カメラの場合、設置費用は通常1台あたり15万円から30万円と見られ、これにはカメラ本体、周辺機器、設置工事費、初期設定費用などが含まれます。ただし、カメラの種類や設置場所の違い、さらには複数台設置する際の複雑な計算も考慮する必要があります。

また、一部の自治体では防犯カメラの設置に補助金が出ることもあるため、利用可能か事前に確認しましょう。

⇒【PDF】日本防犯協議会の補助金説明ページはこちら

防犯カメラの設置費用はどうやって決まるのか

ヤマダ電機での防犯カメラの設置費用を検討する際、いくつかの主要な要素を考える必要があります。これには、防犯カメラ本体の価格、周辺機器(例:録画機、モニター、マイクロSD)の価格、設置工事費用、そして初期設定費用が含まれます。

一般的に、防犯カメラの屋外設置のための平均費用は、1台あたり15万円〜30万円とされています。しかし、この価格はカメラの機種や設置したい場所によって異なり、特に複数台を設置する場合、コスト計算は一層複雑になり得ます。さらに、防犯カメラの種類に応じて、追加で録画機やモニターが必要になることもあります。

コストを抑えたい場合、配線工事が不要なワイヤレスカメラやネットワークカメラの選択がおすすめです。これらのカメラは、設置が比較的容易で、柔軟な配置が可能となります。これにより、効果的かつ経済的な防犯対策が実現できます。

項目概要
費用の決定要素・防犯カメラ本体の価格
・周辺機器の価格
・設置工事費用
・初期設定費用
屋外設置費用相場1台あたり15万円〜30万円
料金の変動要因カメラ機種や設置場所、設置台数
節約方法配線工事不要なワイヤレスカメラやネットワークカメラの選定

ヤマダ電機で防犯カメラを設置するメリットとデメリット

ヤマダ電機で取り扱う防犯カメラの設置には、明確なメリットとデメリットが存在します。

メリットは家電量販店のため防犯カメラの選択肢が増えることになります。これは家電量販店ならではの強みです。
デメリットは専門的な視点から依頼を受けてくれるか否になります。防犯カメラの専門家ではありませんので、スタッフによる知識の差があります。より防犯性と安心を確保したいのであれば、専門家への依頼をおすすめします。

以下は防犯カメラの設置メリットとデメリットです。

メリット

  1. 防犯効果
    不審者や犯罪者を警戒し、撃退することができます。
  2. 家族やペットの監視
    家族やペットを見守るための監視カメラとしても活用可能です。
  3. 録画機能
    万が一、犯罪が発生した場合、証拠として録画データを利用できます。

デメリット

  1. コスト
    設置には初期費用やランニングコストが発生します。
  2. プライバシーの懸念
    プライバシーを侵害する可能性があるため、設置場所の選定には慎重さが求められます。

これらのポイントを考慮し、自身のニーズや状況に適した防犯カメラの選定と設置場所の検討を行う必要があります。

ヤマダ電機と他社の防犯カメラ設置費用の比較

防犯カメラの設置は、家や店舗のセキュリティを高めるために必要なものです。しかし、ヤマダ電機を含め、他社の設置料金には違いがあるようです。

ケーズデンキの防犯カメラ設置費用

ケーズデンキでの防犯カメラ設置サービスについて、詳細な取り付け方法や料金は店舗でのお見積りを通じて明らかにされます。設置費用はカメラの数や配線の長さにより変動します。

基本的な設置料金は、配線20mまでで¥13,200(¥12,000+税)という情報もありますが、店舗によって異なると考えた方がいいです。またこれを超える配線の長さや、壁に穴をあける必要が生じた場合、追加料金が適用されます。

例として、部屋と駐車場が離れており、屋外に設置する必要がある状況では、20mを超える配線が必要になる可能性があります。このような場合には、特別な料金が発生するので、事前に十分に確認しましょう。

公式サイトには具体的な設置料金の詳細が掲載されていないため、正確な情報や料金については、最寄りのケーズデンキ店舗に直接お問い合わせいただくことが推奨されます。

詳しい情報はこちらから↓

⇒【ケーズデンキ】防犯カメラの設置費用についてはこちら

エディオンの防犯カメラ設置費用

エディオンでは防犯カメラの設置は一部店舗で行われています。
店舗によって料金が異なる可能性が非常に高いので、詳細は店舗に確認することをお勧めします。

参考の料金として「エディオン東洋住建でんき館」ではセンサーカメラの取り付けが13,200円からになります。
電気工事費、配線工事のためのコンクリート穴あけ代金などは別途費用になります。

⇒【エディオン東洋住建でんき館】サービスページはこちら

ヨドバシカメラの防犯カメラ設置費用

ヨドバシカメラは大型家電の設置・取り付け工事サービスを提供していますが、防犯カメラの設置工事については公式でも案内されておらず、明確な情報が見つかりませんでした。

⇒【ヨドバシカメラ】防犯カメラの設置費用についてはこちら

ジョーシンの防犯カメラ設置費用

有線タイプのカメラの設置には最低3万6700円、無線タイプの場合は8700円からの費用が発生するという情報や、一方で有線タイプのカメラの設置が25,000円で施行という情報、工事は行っていないなど、店舗によって異なる可能性が非常に高いです。

重要なポイントとして、これらの料金はカメラ本体の価格とは別で、あくまで設置にかかる基本料金であることが強調されています。防犯カメラのモデルや設置する台数、設置位置、更にはコンセントの有無等によって、最終的な費用は変動します。

実際の設置費用を正確に把握するためには、設置場所の写真をスマートフォンで撮影し、その写真を店舗に持参することが勧められています。これにより、具体的な工事費用の見積もりを受け取ることができます。

ホームセンターコーナンの防犯カメラ設置費用

コーナンでは、防犯カメラは確かに取り扱っているものの、設置サービスに関する公開情報は見当たりません。そのため、コーナンが防犯カメラの設置サービスを提供していない可能性が考えられます。

設置サービスの詳細や可能性について確認するには、最寄りのコーナン店舗へ直接お問い合わせすることがお勧めです。各店舗によっては、サービスの提供状況が異なるかもしれないため、具体的な情報は地元の店舗で確認してください。

⇒【コーナン】防犯カメラの設置費用についてはこちら

防犯カメラ設置のおすすめ業者はある?

防犯カメラの設置に際しての費用などについて、一つ明確に共通しているのは2点あります。

  • 「設置の際の工事費は別となるため、事前に正確な見積もりが必要」
  • 「アドバイスができる知識豊富な専門性」

設置の工事や種類だけでも防犯カメラには、多種多様なモデルがあります。無線や有線、モニターの有無 、録画データ、電池式・コンセント式・ソーラー式 、屋内屋外か。

また設置場所や角度などによっ防犯性も変わってくるため専門知識が必要です。それゆえに、最適な選択をするためにも、自分のニーズに最も適した機種や業者を選定するのが賢明です。

  1. 防犯カメラ設置110番
  2. 関東セキュリティ

防犯カメラ設置の節約テクニックと工夫

防犯カメラの設置には高額な費用がかかりがちですが、知っているとお得な節約術があります。本記事では、手頃な価格で防犯カメラを設置するための様々な方法を探求します。相場の理解、自己設置、中古カメラの利用、補助金の活用等、様々な方法がありますので、ぜひ参考にしてください。

■ 自分で防犯カメラを設置する

自分での防犯カメラ設置によって、工事費用を削減できます。設置にあたっては、カメラの種類や性能、設置場所の確認が必要です。DIY経験者や工具を持つ人には特におすすめです。インターネットや取扱説明書で設置方法を確認できます。

ただし防犯の専門知識がない方は専門家のアドバイスをうけながら設置をすることをおすすめします。

■ 中古の防犯カメラの選択

中古の防犯カメラは新品よりもお手頃な価格であり、中には高性能なものも存在します。ただし、中古品購入には注意が必要です。オークションサイトや地元のフリマアプリ等で適切な商品を見つけましょう。

■ セキュリティ会社との契約

セキュリティ会社との契約を通じて、防犯カメラやセンサー等のセキュリティ機器の設置が可能となり、住宅やオフィスの安全性が向上します。いくつかのセキュリティ会社では、専門の警備員の派遣サービスも提供しています。

セキュリティ会社と契約する際には、契約の内容、費用、提供サービスの詳細を入念に確認する必要があります。これにより、予期せぬトラブルや不満が生じるのを防ぐことができます。

セキュリティ会社の選定に際しては、インターネットでの情報やレビュー、または知人や家族からの口コミを参考にすると良いでしょう。これらの情報を基に、最も信頼できて、自身のニーズに適したセキュリティ会社を選ぶことができます。

■ 補助金で設置費用を削減

防犯カメラの導入において、国や自治体の提供する助成金を利用することで、購入や設置の費用を大幅に軽減できる場合があります。これにより、機器の購入や設置に関するコストを削減でき、安価に防犯カメラの導入が可能となります。

都道府県別に、防犯カメラや監視カメラの設置費用に利用可能な助成金や助成制度について情報をまとめたウェブサイトも存在し、利用者はこれらのサイトを通じて、各制度の詳細や適用条件を調べることができます。また、自治体によっては、防犯カメラ導入に特化した助成金制度も提供しており、これを利用することで導入コストを更に抑えることが可能です。

ただし、助成金の存在や利用条件は、自治体ごとに異なりますので、詳細については各自治体の公式ホームページ等で確認し、適切に利用することが重要です。

防犯カメラの設置知識

防犯カメラ設置の位置はどの辺?設置の時の注意点は?

防犯カメラを設置する際のポイントや注意点は以下の通りです。

設置場所の選定:
防犯カメラの設置場所は、監視したい場所や犯罪の発生しやすい場所を選ぶことが重要です。

例えば、玄関やエントランス、駐車場、掃き出し窓側、ベランダ、勝手口、エレベーターホール、ゴミ捨て場などが挙げられます。また、設置場所によってはプライバシーの侵害になる可能性があるため、設置場所を選ぶ際には注意が必要です。

撮影範囲の確認:
防犯カメラの撮影範囲は、設置場所によって異なります。設置場所に合わせて、適切なカメラを選ぶことが重要です。

カメラの選定
防犯カメラの種類には、ボックス型、ドーム型、ネットワークカメラなどがあります。設置場所に合わせて、適切なカメラを選ぶことが重要です。

設置業者の選定:
防犯カメラの設置には、専門の業者に依頼することが一般的です。設置場所やカメラの選定、配線工事などを行ってくれます。

プライバシーの保護:
防犯カメラの設置によって、プライバシーの侵害になる可能性があります。設置場所や撮影範囲、解像度などに注意することが重要です。

用の確認:
防犯カメラの設置費用は、設置費用含めて1台10万円~が相場です。ただし、映像確認用のモニターやカメラの台数によっては20万円~50万円程度費用が発生するケースもあります。

また、電気代やカメラのレンタル料金、メモリー代といったランニングコストが別途発生する点も留意しておく必要があります。

法律遵守:
防犯カメラの設置には、法律に準じた正しい取り扱いや管理を行う必要があります。利用目的を明示し、プライバシーの保護にも配慮することが重要です。

屋外設置時の注意点:
屋外に防犯カメラを設置する際には、防水・防塵、耐衝撃などの機能が必要です。また、設置場所に合わせたカメラを選ぶことや、プライバシーの保護にも注意することが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次