MENU

マックスの浴室乾燥機点検ランプが点滅した時の消し方は?

浴室乾燥機の点検ランプが点滅すると、多くの人が困惑することでしょう。

ここでは、マックスの浴室乾燥機の点検ランプが点滅した時の消し方について詳しく解説します。

猫学生

博士、うちのマックスの浴室乾燥機の点検ランプがついてます。どうしたらいいですか?

猫博士

ふむ、それでは今日はマックスの浴室乾燥機の点検ランプの消し方について話をしよう。

目次

マックス浴室乾燥機の点検ランプの消し方

マックス浴室乾燥機の点検ランプの消し方って、どうやるんだろう?そう思う方もいるのではないでしょうか。

ここでは、マックス浴室乾燥機の点検ランプの消し方について詳しく解説します。

浴室乾燥機の点滅ランプとは何か

浴室乾燥機の点滅ランプは、点検時期をお知らせする機能があります。主な特徴は以下の通りです。

通常、使用開始から約9年から10年ほど経過すると、点滅ランプが点滅し始めることが一般的です。これは製品の故障を示すものではなく、むしろ点検の時期を知らせるための仕組みです。

したがって、点滅ランプが点灯している場合でも、製品はまだ継続して使用することができます。

マックスの浴室乾燥機の点検ランプの消し方

マックスの浴室乾燥機の点検ランプの消し方については、以下の手順で行うことができます。

  1. 浴室乾燥機の電源を切ります。
  2. リモコンの「運転/停止」ボタンと「乾燥」ボタンを同時に押しながら、電源を入れます。
  3. 点検ランプが消えるまで、両方のボタンを押し続けます。

点検ランプは、使用(通電)開始から9年で点滅することをお知らせするランプです。

マックスbs-151hの点検ランプの消し方

マックスBS-151Hの点検ランプの消し方については、以下の手順で行うことができます。

  1. 浴室乾燥機の電源をオフにしてください。
  2. マックス株式会社のサポートページにアクセスし、所有者登録を行ってください。登録が完了したら、ランプ点滅の解除方法が表示されます。

具体的な解除方法は「停止ボタン」の長押しとされています。

浴室乾燥機の法定点検について

浴室乾燥機の法定点検って必要なの?そう思う方もいるのではないでしょうか。

ここでは浴室乾燥機の法定点検について詳しく解説します。

浴室乾燥機の法定点検をしないとどうなるか

浴室乾燥機の法定点検については、過去に特定保守品として法定点検が義務付けられていましたが、現在は対象外となっています。そのため、法定点検を受けなくても罰則はありません。

ただし、以下の点に注意してください。

  • 長期間使用することで安全性の問題が発生する可能性があります。定期的な点検やメンテナンスは安全のために推奨されます。
  • 設計標準使用期間は約10年ですが、期間を超えて使用すると部品の経年劣化により発火やけがなどの重大事故が起こるおそれがあります。

法定点検が義務ではなくなったとはいえ、安全のために定期的な点検やメンテナンスを検討することをお勧めします。

浴室乾燥機の法定点検の費用相場

浴室乾燥機の法定点検の費用相場についてご紹介いたします。

項目金額(税抜)
法定点検費用19,500円
技術料15,800円
出張費3,700円

法定点検費用は一般的に19,500円(税込み21,450円)です。この費用は、技術料と出張費の合計から成り立っており、技術料が15,800円、出張費が3,700円です。

なお、離島や離島に準ずる遠隔地で出張点検を行う場合、追加で出張に要する実費がかかることがあります。ただし、費用はメーカーや地域によって異なる可能性があります。

例えば、技術料と出張料を合わせて約10,000円から50,000円になることも考えられます。必要な費用については事前に確認しておくことがおすすめです。

法定点検を受ける際には、事前に費用や所要時間を確認しておくことがおすすめです。

マックスの浴室乾燥機でよくある問題と対処法について

ここではマックスの浴室乾燥機でよくある問題と対処法について、詳しく解説します。

マックスの浴室乾燥機でよくある問題

マックスの浴室乾燥機でよくある問題については、以下のようなものがあります。

  • 入浴剤の付着:
    入浴剤がパネルやフィルターに付着することがあります。この場合、ぬれた布でパネルをよくふき取り、フィルターは軽く洗ってください。
  • 24時間換気の停止:
    浴室乾燥機の24時間換気を停止する方法は、「24時間換気」もしくは「停止」ボタンを3秒以上長押しして停止します。

マックスの浴室乾燥機の問題の対処法

マックスの浴室乾燥機に関する問題とその対処法については、以下のようなものがあります。

  • 電源が入らない:
    – ブレーカーが正常で、電源に問題がない場合、リモコンやスイッチ部品の劣化や本体の異常が原因となることがあります。
    – 電池を交換して電源が入るかどうか試してみましょう。
  • 温風が出ない:
    – 温風が出ない場合、故障の症状と対策を確認し、特に問題がなかった場合は、専門家に相談することをお勧めします。
  • フィルターの汚れ:
    – 汚れがひどい場合は、中性洗剤を適量に薄め、フィルターを浸してスポンジ等やわらかいものでやさしく洗ってください。
    – お手入れをしても汚れが落ちない場合や、フィルターが破れている場合は、新しいフィルターに交換しましょう。
  • 火災の原因:
    – 機械本体に問題がなくても、不適切な設置方法で重大な事故が起こる可能性があります。
    – 定期的な点検とメンテナンスを行い、安全性を確保しましょう。

問題が解決しない場合や、故障が疑われる場合は、専門家に相談することをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次