MENU

電気をつけても外から見えないすだれをご紹介!おすすめ商品は?

外からの視線を気にせずに快適な空間を作りたいと思ったことはありませんか?電気をつけても外から見えないすだれがあったら便利ですよね。

今回は、電気をつけても外から見えないすだれについて詳しく解説します。

猫博士

夜、電気をつけたとき、外の視線が気になることはないか?

猫学生

あります!あります!昼間は気にならないんですけど、夜は外から見えないかが気になりますよね。

目次

電気をつけた状態でも外から見えないすだれの魅力

外からの視線を気にせず、プライバシーを守りたいと思う方もいるのではないでしょうか。
ここでは、すだれは電気をつけた状態でも外から見えないのか?どこに売っているのかなどについてご紹介します。

すだれは電気をつけても外から見えない?

すだれは、もともと日光を遮る目的で作られており、夜間に電気をつけても外から中が見えにくくする効果は限定的です。しかし、いくつかの方法で外からの視認性を低くすることができます。

  • 遮光性の高いすだれを選ぶ
    :遮光率が高いすだれは、外から内側が見えにくくなる効果があります。
  • フィルムや遮像カーテンを利用する:
    すだれ以外にも、フィルムや遮像カーテンを窓に取り付けることで、外からの視認性を低くすることができます。
  • マドミランを使用する:
    マドミランは、窓に取り付けることで、夜間でも部屋の中が外から見えにくくなります。

ただし、すだれやマドミランを使用しても、完全に外から見えなくなるわけではありません。窓の下から見上げるようにすると、部屋の中が少し見えることがあります。

また、網戸とすだれだけでは、夜になると透けて見えてしまうことがあります。そのため、完全なプライバシーを確保するためには、他の目隠し方法と組み合わせることを検討してください。

電気をつけても外から見えないすだれはどこに売っている?

外から見えないすだれを購入する場所を下記でご紹介します。

  • ホームセンター:
    カインズや他のホームセンターでは、日よけや目隠し用のすだれを取り扱っています。遮光率や使い勝手が異なるサイズや素材のすだれが揃っています。
  • ショップチャンネル:
    クラレトレーディングの遮熱すだれ2本セットなど、遮熱効果のあるすだれも販売されています。
  • 楽天市場:
    炭火よしずやたてすだれなど、さまざまな種類のすだれが取り扱われています。

これらの場所で、外から見えないすだれを見つけることができます。遮光率や素材、取り付け方法によって、自分に合ったすだれを選ぶことが重要です。

夜にすだれを使用した際の透ける度合いはどれぐらい?

夜にすだれを使用した際の透ける度合いは、すだれの色や素材によって異なります。一般的な黄土色のすだれの場合、室内が明るいと外から中が見えやすくなることがあります。
しかし、最近のすだれにはさまざまな種類があり、プライバシーを守りたい人向けのものも存在します。

夜間の透け具合に関する注意点は以下の通りです。

  • 室内の明るさ:
    室内が明るい場合、外から中が見えやすくなることがあります。
  • すだれの色:
    黒や白や濃い茶色のすだれを使うと、中が見えにくくなる可能性があります。
  • すだれの素材:
    金属製の塀の隙間をスダレで目隠ししている場合、透けて人影が写ることがあります。

透けにくいすだれを選ぶことで、夜間でもプライバシーを保護することができます。ただし、完全に外から見えないわけではないため、他の対策と併用することが望ましいです。例えば、ブラインドを使用することで視線を遮り、風通しも保つことができます。

電気をつけても外から見えないおすすめのすだれ商品

夜に電気をつけても外から見えないおすすめのすだれ商品名は具体的にはわかりませんでしたが、下記の方法で代用できます。

  • 目隠しシート(フィルム)
    ・窓ガラスに貼ることで、外から見えにくくなります。
    ・水だけで貼れるため、賃貸でも問題ありません。
    ・北欧風のおしゃれなデザインが特徴的です。
  • 遮像カーテン
    ・外から室内が見えにくくなるスクリーン代わりのカーテンです。
    ・紫外線や日焼けが気になる人や、プライバシーを守りたい人向けのアイテムです。
  • マドミラン
    ・窓の枠に交互に取り付けることで、中に隙間を作り、そこから空気が出入りする目隠し材です。
    ・特にお風呂場の窓にオススメで、夜でも部屋の中が全然見えなくなります。
    ・窓を開けても外から中が見えないため、エアコンなしで過ごしやすい季節にも便利です。

これらの方法を活用することで、夜に電気をつけても外から見えにくくなります。お好みや窓のタイプに応じて、適切な方法を選んでください。

電気をつけた状態でも外から見えないグッズの紹介

電気をつけた状態でも外から見えないグッズってどんなものがあるのか、気になりませんか?
ここでは、電気をつけた状態でも外から見えないグッズの種類や特徴について詳しくご紹介します。

電気をつけても外から見えない網戸

外から見えにくい網戸は、プライバシーを守りながら換気を行うことができる便利なアイテムです。以下に、外から見えにくい網戸の特徴についてご紹介します。

  • 特殊な加工:
    外から見えにくい網戸は、特殊な加工が施されており、外からの視線を遮ることができます。
  • 目隠しシート:
    網戸や窓に貼る手軽なシートタイプの目隠しアイデアや商品があります。
  • マドミラン:
    電気をつけても外から見えない、窓も開けられる目隠し材としてマドミランがあります。マドミランをつけた窓は、夜でもカーテンを閉めなくても部屋の中が見えにくくなります。また、窓を開けて網戸にした状態でも効果があります。
  • 色の選択:
    網戸の色によっても、外から見えにくさが変わります。グレーや黒などの色が効果的であることが指摘されています。

外から見えにくい網戸を購入することができる場所として、オンラインショップ(例:Amazon)やDIYショップなどがあります。これらの網戸を使用することで、プライバシーを保ちながら快適な生活を送ることができます。

電気をつけても外から見えないシート

電気をつけても外から見えないシートを以下でご紹介します。

  • すだれ:
    すだれは、外からの視線を遮りながら、室内の光を適度に取り込むことができます。
  • フィルム:
    窓用の目隠しフィルムシートは、外から見えにくくする効果があります。ミラーフィルムは、外からは反射して中の様子がほとんど見えない一方、中からは外の様子が確認できるメリットがあります。また、デザイン性に特化したシート(レースや花柄、ステンドグラスなど)もあり、インテリア性がアップします。
  • 遮像カーテン:
    遮像カーテンは、外からの視線を遮るだけでなく、室内の光を適度に取り込むことができます。

また、マドミランという目隠し材もあります。これは、窓を開けても外から中が見えなくなる効果があります。夜でもカーテンを閉めなくても、外からは中の様子がほとんど見えません。

ただし、光は多少遮られるため、取り付ける前に比べると外から取り込める光は減りますが、室内が真っ暗にはならず、外が明るいか暗いかは分かります。

電気をつけても外から見ないレースカーテン

電気をつけても外から見えにくいレースカーテンを以下でご紹介します。

  • ミラーレースカーテン:
    昼間も夜も外から見えにくく、紫外線カットや断熱性などの機能が優れています。プライバシー保護にも適しています。
  • 遮像レースカーテン:
    部屋の明かりをつけても室内が透けて見えない特性がありますが、繊維密度が高いため外の景色が見えにくいというデメリットがあります。
  • ウェーブロンプラスを使ったレースカーテン:
    昼間はほぼ完全なミラー効果で外から見えにくく、外の景色も見えます。夜もプライバシーが保たれるとされています。

これらのカーテンは、外から見えにくさを実現しながらも、中から外の景色を楽しめるものがあります。

購入を検討している方は、自分のニーズに合ったカーテンを選ぶことが大切です。実際に検証されたミラーレースカーテンの透け具合を参考にすることもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次