MENU

誰?インターホンがしつこい人について


インターホンがしつこく鳴ると、誰が来たのか気になりますよね。そんな悩みを解決するために、この記事ではインターホンのしつこい鳴り方について詳しく解説します。インターホンのしつこさに悩んでいる方には必見の内容です。

猫博士

インターホンがしつこい人について調べてみたぞ

猫学生

インターホンをしつこくならされたら嫌ですよね

目次

予定外の訪問者を特定する方法

ここでは、予定外の訪問者を特定する方法についてお伝えします。

インターホンをしつこく鳴らしてくる人は誰?

インターホンがしつこく鳴らされる場合、鳴らしてくる人は以下のような人物が考えられます。

  • NHKの契約スタッフ(集金人)や新聞購読の勧誘、インターネット回線の勧誘、不用品の買取業者など、営業目的の訪問者
  • 教団体や保険会社の勧誘員
  • 不審者や詐欺師

対処法としては、以下の方法があります。

1. インターホンのモニターで訪問者の顔を確認し、知らない人であれば無視するか、適切な対応を考える
2. インターホン越しに訪問者の目的を聞き、興味がない場合はその旨を伝える
3. しつこい勧誘や訪問販売に対しては、冷静に誰であるかや何の目的で来たのかを確認し、関心がないと判断した場合はインターホン越しで断る

予定のない訪問者がインターホンを鳴らしてきた場合

予定のない訪問者がインターホンを鳴らしてきた場合、以下の対処法があります。

  • 知らない人がアポなしでインターホンを鳴らしてきた場合、居留守を使って無視することができます。基本的に出ないで居留守を使った方が良いとされています。
  • 居留守を使いたくない場合でも、インターホン越しで一度確認してから出るようにしましょう。
  • インターホンやドアカメラを使って、訪問者の顔を確認できるようにすることで、安全性を向上させることができます。

ほとんどの場合、予定のない訪問者は営業や勧誘の人が多いため、無視するか、インターホン越しで対応することがおすすめです。また、防犯対策を強化することで、より安心して一人暮らしを楽しむことができます。

しつこいインターホン対策

 うるさいインターホンに悩まされている方もいるのではないでしょうか。ここでは、しつこいインターホン対策の方法について解説します。

インターホンがしつこい時の対処法

インターホンがしつこい時の対処法には、以下の方法があります。

  • ドアを開けずにインターホンから対応する
    訪問者と直接対面せずに、インターホンを通じて話を聞くことができます。
  • インターホンにカメラがついている場合、訪問者を確認する
    訪問者がどのような目的で来たのかを判断し、必要に応じて対応するかどうかを決めることができます。
  •  居留守を使う
    インターホンに応答せず、家にいないふりをすることで、しつこい訪問者を遠ざけることができます。
  • 身分証のコピーと名札のコピーを要求する
    訪問者がしつこい場合、身分証明書のコピーと名札のコピーをポストに投函してもらうように要求することができます。
  • 断り方を工夫する
    訪問販売などの場合、上手な断り方や対処法を使って、訪問者を遠ざけることができます。

これらの方法を試すことで、インターホンがしつこい時の対処法を実践できます。安全を確保しながら、適切な対応を心がけましょう。

知らない人からのインターホンは怖い?

知らない人からのインターホンが怖いと感じるのには、以下の理由が挙げられます。

  • 一人暮らしの家にアポなしでインターホンを鳴らしてくる場合、犯罪の危険もあります。一人暮らしを狙う犯罪は多いため、知らない人のためにドアを開けるのはリスクがあると感じる人がいます。
  • 変な人が訪ねてくることがあり、ドアののぞき窓を見て全く知らない人だとわかると、無視をしている人もいます。また、夜遅くに知らない男性がインターホンを鳴らすこともあり、怖いと感じる人がいるようです。
  • 知らない人からのインターホンはセールスの人であることが多く、無視をする人もいます。

これらの理由から、知らない人からのインターホンが怖いと感じる人がいることがわかります。しかし、全ての人が同じように感じるわけではなく、個人差があります。

アポなしでインターホンを鳴らす人を無視する方法

アポなしでインターホンを鳴らす人を無視する方法は以下の通りです。

  • アポなしでインターホンを鳴らす人に対しては、居留守を使って無視することが一般的です。大切な用事がある場合は、ポストにお知らせが入れられるでしょう。
  • インターホンにモニター機能がある場合、訪問者の正体を確認してから対応を決めることができます。
  • 宅配便の配達員、郵便局員、管理会社の人、警察など、対応が必要な訪問者はすぐに正体が分かるはずです。それ以外の訪問者に対しては無視しても問題ありません。
  • 知らない人がインターホンを何度も鳴らす場合、監視カメラ(ダミーでも可)を設置することで、訪問者を抑止することができます。
  • しつこい訪問者がいる場合、管理会社や大家さんに連絡して対応を依頼することができます。
  • 知らない人がインターホンを何度も鳴らし、不安を感じる場合は警察に通報することも検討してください。

これらの方法を利用して、アポなしでインターホンを鳴らす人を無視し、安心して一人暮らしを楽しんでください。

夜中に何度も鳴るインターホンへの対処法

夜中に何度も鳴るインターホンへの対処法には以下の方法があります。

  • 深夜にインターホンが鳴った場合、対応しないのが最も安全な対処法です。
  • 深夜にインターホンが鳴ることで不安な日々が続いている場合、インターホンを交換することをおすすめします。
  • イタズラが原因であれば、録画機能付きのインターホンに交換することで問題が解決します。
  • インターホンの誤作動や断線などが原因であれば、インターホンを新しく交換することが効果的です。
  • センサーライトや防犯カメラの設置が不審者に対して有効な警戒アピールになります。

まずは、これらの対策を試してみて、問題が解決しない場合は専門家に相談してください。

厄介な訪問者への対応

ここでは、厄介な訪問者への対応についてお伝えします。

インターホンがしつこい場合警察に相談していい?

インターホンがしつこく鳴らされる場合、警察に相談することができます。しかし、まずは以下のことを試してみましょう。

  • インターホンが故障している可能性があるため、その確認をしましょう。
  • 犯人が子どもの場合、いたずらの可能性があります。

もし状況が悪質であると感じた場合、警察に相談することができます。例えば、ピンポンダッシュが繰り返される場合、犯罪行為に該当する可能性があります。

NHKの訪問でのしつこいインターホン対策

NHKの訪問でのしつこいインターホン対策には、以下の方法があります。

  • 居留守を使うことで、面倒な対応をしなくて済みます。ただし、長期間居留守を続けると、NHK側も対策を考える可能性があります。
  • ドアを開けずに「お帰りください」と言い、その後無視する方法もあります。
  • NHK受信料徴収人が非常にしつこい場合、警察を呼ぶことも検討できます。
  • 「NHK」の言葉が聞こえたら、はっきりと一発で断り、すぐにインターホンを切る方法も効果的です。

これらの方法を試すことで、しつこいNHKの訪問対策ができるでしょう。ただし、受信料を支払う義務がある場合は、適切な対応を検討してください。

インターホンを連打する人への対処法

インターホンを連打する人への対処法は以下の通りです。

  • 防犯カメラが作動していることを示すサインを出すことで、実際にカメラがなくても抑制できる可能性があります。
  • 人感センサーライトや防犯カメラのダミーの設置により、相手にセンサーが働いてカメラで撮影していると思わせることができます。
  • 録画機能付きインターホン:は犯人を抑制するだけでなく、犯行が行われた場合に録画された映像や画像を証拠として使えます。
  • 居留守を使って、急な訪問者に対応する義務がないことを示すことができます。

これらの対策を試しても問題が解決しない場合は、警察や専門業者に相談することを検討してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次