MENU
本ページはプロモーションが含まれています

カメラ付きインターホンは通話ボタンを押しっぱなしにしないと通話できない?

この記事では、インターホンの通話ボタンを押しっぱなしにすると通話ができるのかについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

猫博士

インターホンの通話ボタンを押しっぱなしにするとどうなるのか調べてみたぞ

猫学生

インターホンの種類って色々あってわからないですもんね

目次

カメラ付きインターホンは通話ボタンを押しっぱなしにしないと通話できない?

カメラつきインターホンはモニターを映しているだけで外との会話ができるのでしょうか。

モニターだけでは通話はできない

勧誘や変な人が来た場合、モニターを確認すると思いますが、中の音が聞こえていないか心配になりますよね。
実はカメラ付きインターホンでモニターボタンを押して外を見ているだけでは、玄関子機側では室内の音は外には聞こえません。

応答ボタンが別にありますので、そこを押さない限り安心です。ただし、中で移動したり音を立てると生活音で中の音が外に漏れてバレる可能性があります。

また夜間点灯用のLEDなどが内蔵されている場合は夜間に点灯し、室内から見ていることがバレる可能性があります。

インターホンの操作方法

ここでは、インターホンの基本的な操作方法について詳しく解説します。

インターホンでの通話の仕方について

インターホンでの通話の仕方についてお伝えします。

1. 呼び出し:
訪問者がインターホンの呼び出しボタンを押すと、室内の親機が鳴ります。

2. 応答:
室内の親機で通話ボタンを押すことで、訪問者との通話が開始されます。通話ボタンを1回押し、指を離して会話するのが一般的です。

3. ハンズフリー通話:
ハンズフリー機能があるインターホンの場合、通話ボタンを押すだけで手を離しても通話ができます。

また、モニター付きインターホンの場合、訪問者の映像も確認できます。これにより、防犯性が向上し、安心して通話ができます。

通話方法については、インターホンの機種や機能によって異なる場合がありますので、取扱説明書やメーカーのサポートページを参照してください。

インターホンの通話ボタンの使い方

インターホンの通話ボタンの使い方について説明します。

  • 通常、インターホンには受話器タイプとハンズフリータイプがあります。
  • 受話器タイプの場合、インターホンチャイムが鳴った場合に、受話器で対応します。
  • ハンズフリータイプの場合、室内親機の通話ボタンを押すだけで応対ができます。

通話ボタンの位置や使い方は、インターホンの機種によって異なる場合がありますので、ご自身のインターホンの取扱説明書を確認してください。

アイホンでのインターホン通話のやり方

アイホンでのインターホン通話のやり方は以下の通りです。

1. 通話ボタンを押す:
インターホンの通話ボタンを1回押すことで通話を開始します。

2. ハンズフリー通話:
ハンズフリーテレビドアホンを使用している場合、特性やスムーズな通話の仕方が説明されています。

3. インターホンアプリの使用:
インターホンアプリ AIPHONE IXG を使用して通話する方法が説明されています。

詳細な操作方法や設定については、アイホンの取扱説明書や動画マニュアルを参照してください。また、インターホンアプリの登録方法については、専用の動画がありますので、そちらも参考にしてください。

インターホンの問題と解決策

インターホンのトラブルは、生活の中でよく起こるものです。しかし、適切な対処法を知れば、簡単に解決できることもあります。ここでは、インターホンの問題とその解決策について詳しくご紹介します。

インターホンの通話切り忘れの問題とその対策

インターホンの通話切り忘れの問題とその対策についてお伝えします。

  • インターホンの通話切り忘れの問題:
    カメラ付きのインターホンで外を見ている時、室内の音が外に聞こえてしまうことがある。
    通話が切れたあとも受話器が上がりっぱなしになっていると、話し中になることがある。
  • 対策:
    室内音が外に漏れる心配がある場合、確認中は静かにしておくことで外に音が漏れるのを防ぐことができます。
    通話が終わったら、必ず受話器を戻すことで、話し中のままになるのを防ぐことができます。

パナソニックのインターホンで通話できないときの対策

パナソニックのインターホンで通話できないときの対策は以下の通りです。

1. 設定や利用時のミスを確認:
音量設定が小さすぎる場合や、プレストーク機能を押さずに会話をしていることがあります。
説明書を読んで設定を確認しましょう。

2. マイクやスピーカーの故障:
通話ができない原因として、マイクやスピーカーの故障が考えられます。
メーカーに相談し、必要であれば修理を依頼しましょう。

3. ケーブルの不具合:
配線に問題がある場合、通話に影響が出ることがあります。
この場合は電気工事士の資格を持った業者に修理を依頼しましょう。

4. 機器の寿命:
インターホンの寿命は一般住宅用で約10年、集合住宅用で15年です。
寿命が近い場合は、機器の交換を検討しましょう。

5. モニター状態の確認:
ドアホン親機がモニター状態になっている場合、通話ボタンを押すことで通話が可能になります。

通話できない原因が特定できた場合は、適切に対処しましょう。故障が疑われる場合は、メーカーに相談し、修理や交換を検討してください。

インターホン切り忘れの問題点とその対策

インターホンの切り忘れにはいくつかの問題点について一般的な問題点と対策をお伝えします。

問題点

  • 外部に声が漏れる可能性:
    インターホンの受話器を外しっぱなしにすると、外部に声が漏れることがあります。
  •  電力の無駄遣い:
    インターホンが切られていない場合、電力が無駄に消費されることがあります。

対策

  • タイマー機能の利用:
    インターホンにタイマー機能がある場合、一定時間後に自動的に切れるよう設定することができます。例えば、2時間や4時間後に自動的に切れるタイマー機能がある製品もあります。
  • 切り忘れ防止機能:
    一部のインターホンには、切り忘れ防止機能が搭載されています。これにより、8時間などの一定時間が経過すると自動的にインターホンが切れるようになっています。
  • 習慣の改善:
    インターホンを使った後は、必ず受話器を戻すように意識することで、切り忘れを防ぐことができます。

これらの対策を実践することで、インターホンの切り忘れによる問題を軽減することができます。

インターホンの特殊な機能

ここでは、インターホンの特殊な機能についてお伝えします。

パナソニックのインターホンで音声応答を利用する方法

パナソニックのインターホンで音声応答を利用する方法についてお伝えします。

1. 音声応答の設定:
インターホンの音声応答設定を「する」に設定してください。

2. あんしん応答機能:
パナソニックのインターホンには、「あんしん応答」機能があります。これにより、見知らぬ来訪者に対してモニター側からワンタッチで応答メッセージを流し、来訪者の名前と用件を確認することができます。

3. プレストーク通話:
通話中にこちらの声が相手に聞こえない場合は、プレストーク通話になっている可能性があります。この場合、【通話】ボタンを押している間だけ、相手側にこちらの声が聞こえます。

インターホンのプレストーク解除の方法

インターホンのプレストーク機能は、通話ボタンを押している間だけ、相手側にこちらの声が聞こえる機能です。プレストーク機能を解除する方法は、通常の通話モードに切り替えることです。

具体的な操作方法は、インターホンのメーカーやモデルによって異なりますが、以下に一般的な手順を示します。

  1. インターホンの通話切替スイッチを確認してください。プレストーク通話と通常の通話を切り替えるスイッチがある場合があります。
  2. 通話切替スイッチがある場合は、スイッチを通常の通話モード(プレストーク通話ではない)に切り替えてください。
  3. 通話ボタンを押すことで、通常の通話が開始されます。

正確な操作方法は、インターホンの取扱説明書を参照するか、メーカーのウェブサイトやカスタマーサポートにお問い合わせください。

インターホンのランプについて

ここでは、インターホンのランプについて詳しく解説します。

インターホンの赤いランプの意味とは?

インターホンの赤いランプの意味は、機種や状況によって異なりますが、一般的には以下の通りです。

1. 充電中:
一部のインターホンでは、赤いランプが点灯している場合、室内機(親機)が充電されていることを示しています。

2. 電池切れ:
赤いランプが点灯していることは、電池が切れている可能性があることを示している場合があります。

3. 異常状態やランプ寿命のお知らせ:
一部のインターホンでは、赤いランプが点灯しているときは、ランプが外れている、ランプが割れているなどの異常状態やランプ寿命のお知らせを表示していることがあります。

これらの情報は一般的なものであり、インターホン機種によっては異なる場合があります。インターホンの取扱説明書やメーカーのサポートページを参照して、赤いランプの意味を確認してください。

アイホンのインターホンで赤ランプになるのはなぜ?

アイホンのインターホンで赤ランプが点灯する理由は、以下の通りです。

1. 電池残量が少ない:
室外機(玄関子機)の電池残量が少なくなっている場合、赤ランプが点滅することがあります。この場合、電池を交換してください。

2. 録画機能:
インターホンに録画機能がある場合、赤ランプが点灯することがあります。

3. 設定違いや操作間違い:
機器の不具合ではなく、設定違いや操作間違いが原因で赤ランプが点灯することがあります。対象機種の操作方法を確認してください。

もし上記の内容を確認しても赤ランプが点灯し続ける場合は、不具合の可能性があります。その場合、アイホンの修理受付センターに相談してください。また、商品についての問い合わせや、故障・修理の依頼はアイホン株式会社のサポートページからも行うことができます。

インターホンの通話ボタンを押し続ける

ここでは、インターホンの通話ボタンを押し続ける場合についてお伝えします。

インターホンの通話ボタンを押しっぱなしにするときの注意点

インターホンの通話ボタンを押しっぱなしにする際の注意点は以下の通りです。

1. 機器の故障:
通話ボタンを長時間押し続けると、回路に問題が発生する可能性があります。過大電流が流れることで、機器の故障を引き起こすことがあります。

2. 通話のタイムラグ:
通話ボタンを押すと、通話が開始されるまでにタイムラグが発生することがあります。このタイムラグは、通常3~4秒程度です。

通話ボタンを押しっぱなしにすることは、機器の故障や不具合を引き起こす可能性があるため、避けましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次